« 2016 トイフェスタへ | トップページ | リンゴ狩りと贈り物の話 »

2016年11月30日 (水)

choco49日になって初めて書く最期の事

             2016,    11,   30      (水)

chocoがお空へ旅立って今日で49日が過ぎました。

今だにまだchocoが居る感覚が抜けずchocoの名が出てきたりしています。

chocoの使っていた毛布やお座布団やシートはそのままひなへ!  chocoの形見だよねー
ネットでまとめ買いした介護食はひなに少しづつトッピングしてあげてます。

サプリメントも飲んでいるお友達に貰ってもらったりして ひなが服用できるものはひなにーと思っています。



この写真は亡くなる日の前の晩

ダックス友達でもあり絆友でもある  じゃまいここ さん からメッセージが来て 『chocoちゃん大丈夫?』って!

いつも連絡を取り合っている訳では無いので 『あれsign02 』っと思いながら

『少し食欲が無くなったけど大丈夫だよー』とこの写真をじゃまいここさんに送ったら「目力もあるし大丈夫だねー』って言ってくれてー

この次の日の夜にchocoが旅立ってビックリされた様です。

後から考えるとじゃまいここ さんからの突然のメッセージが何だか不思議w(゚o゚)w

chocoは北海道の旅の途中から食欲が戻り、ふやかしたフードをガツガツ食べる様になり約3ヶ月間 多い時は一日80gのフードを小分けにして食べていました。

与えれば与えただけ食べると言うのも痴呆症からくるものだそうです。

『終盤には食べれなくなります。』 と先生からお聞きしていたので、

食べてくれているうちはまだ大丈夫と思っていたのですが、亡くなる4〜5日前からガツガツ感がなくなりそれでもあげれば自力で食べる状態から

自分で食べ無くなったのが前日で、でもササミとボーローだけは食べれてました。

この写真は亡くなる日の朝    寝ているchoco を起こして朝散歩 。

いつも寝ている時でも起こしてお散歩に行くとスッキリ目覚めて元気に帰って来て 朝ごはんを食べる。というのが日課でした。



ひなにもおんぶして貰ってー    この頃の ひなは大人しくchocoを背中に乗せてくれたんですよ!

散歩から帰って朝ごはんを食べなかったchoco ですが  この日は  母しゃんの歯医者の予約が入っていたので でみんなに車で1時間位の所までお付き合いして貰ってドライブ&買い物へ!!

この時 最近嘔吐したこと無いchocoが戻したんです。

朝ごはんも食べてい無いのでお腹がすきすぎで胃液を戻したのかな?とー思っていたのですが・・・

帰ってからフードやササミを食べさせても食べなかったので お水を少々飲みました。
水を飲ませて数時間後  又 嘔吐

この時 喉に少し詰まらせてて呼吸が苦しそうだったのでで父さんが慌てて吐き出させ 心臓マッサージ
母さんは一緒にいて アタフタしていたけど父さんは冷静に心臓マッサージをして平常な呼吸に戻りました。

夕方はこれが最後のお散歩になるのかな?と思いながらみんなで 夕散歩に行って

ここは毎朝夕 朝日や夕日を見ながら一緒にお散歩した土手だよねーって話しながら…



手足パタパタさせながら ヒャンヒャンといつものように鳴きながら 一緒に歩いた最後の最後のお散歩



ひなにおんぶ   もこれが最後… 



父さんの高いー高いー   お空との写真もこれが最後…



家に帰ってコスモスとの写真もこれが最後…   

母さんの大好きなコスモスとの写真いっぱい残してくれてありがとね。




具合の悪い時は父さんの胸の上で心臓の音を聞くと静かに眠れるchoco
これが最後の父さんの胸の上…

この時又 吐き気がし嘔吐      また父さん心臓マッサージで蘇生

この夜はもう最後になる様な気がして2階で川の字になって寝ることに。

みんなで寝てからも お水をあげ 少しすると飲んだ 以上に嘔吐。

もうお水も受け付けなくなってしまったんだね…

嘔吐で呼吸困難になっていたので再び父さんが
心臓マッサージをして呼吸が落ち着いて寝たのでみんなで就寝

そしてまた日にちが変わった12時過ぎに嘔吐

これ以上 もうchocoに苦しい思いをさせるのは止めようと父さんも母さんも心の中で思っていたんです。

   
呼吸もだんだん弱くなって  父さんと母さんの間で…
ありがとう    よく今まで頑張ったね  と何度もイイコイイコしてー
もういいんだよ   頑張らなくってもいいんだよ  って  何度も何度も…

その時 便が出て 尻尾とかが汚れてしまったので 父さんが シャワーでお尻を綺麗にしてドライヤーをかけてブラッシングしてあげました。

年をとると眠るように旅立ったという話をよく聞きましたが chocoの場合は起きている時は本当に最後までパワフルだったので・・・

何度かの嘔吐での心臓マッサージで苦しい思いをしてしまったけど何とかして少しでも生きて欲しいと思ったけど
何も食べれずお水も飲めなくなった今は静かに眠らせてあげるのがchocoの為だと最後は何もせず見守った父さんと母さん

長男曰く 『もうダメだと思ったら心臓マッサージせず見送ってあげたら良かったのに…』

と後から言われて・・・・

そうだねー   そうしたら何回も苦しい思いをせずに済んだかも…
ごめんね sweat02

最後までパワフルでお散歩でも 手足パタパタ

起きている時は 寝がえり打てなくなっても手足パタパタ 

首もしっかり力強く 俺は男だ~~っていつも首を持ち上げていたchoco!

本当に最後まで立派なchocoの姿は忘れないよ。

今まで最期の事が書けなかったけど 49日になってやっと記する事が出来ました。

19年5カ月5日   どんな時でもずっとずっと 一緒にいてくれてありがとうね。

choco  大好きだよ ずっと   ず~~~っとheart

 

ミニチュア・ダックスフンド ブログランキングへ

にほブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村      にほんブログ村        にほんブログ村




|

« 2016 トイフェスタへ | トップページ | リンゴ狩りと贈り物の話 »

色々な記事」カテゴリの記事

コメント

chocoくんは、幸せな犬生だったね。

自分も、ピクシーが歳を取るに連れて
ママといろいろと考えてしますます。
それは大病に掛かった時、痛みで苦しむピクシーを
自分達のエゴで、延命させて良いのだろうか・・・
痛みを取り除いて、楽にしてあげるのも
自分達の役目なのかと。

でも今は、chocoくんみたいに日々楽しく
天寿をまっとうさせるのが、自分達の使命だと
思っています。


投稿: ピクシーパパ | 2016年12月 1日 (木) 12時26分

chocoちゃんの最期。。教えてくれてありがとです。
泣けちゃうけど 父しゃん 母しゃん
家族に大切に愛されて ほんとに
最期までしあわせだったね。。
真正面から向き合っていれば 
いろんな葛藤もありますよね。。
まろんもお年頃だし
私も他人事じゃないです。。
じつは 実家のメイちゃんも 18歳で
今 食欲がなかったり 下痢したり
復活したりの繰り返しな感じなんです。
chocoちゃんの話も母にしたり。。

パパさんもママさんもつらい時もあったですよね

私 大丈夫かなって 私にできるかなって
心配になっちゃいます。。

投稿: まろんごぅ | 2016年12月 1日 (木) 15時20分

CHOCO君の最後、お話していただきありがとうございます
最後の最後は悩みますね
苦しい思いをさせてまで・・でもまだ生きて欲しい
こんな葛藤を何度もしてしまうんですね
CHOCO君は間違いなくありがとうっていって旅立ったと思います

投稿: 湘南エミリー | 2016年12月 1日 (木) 16時36分

chocoちゃんのお話、してくれてありがとうございます。
まだまだ一緒に居たい、そんな気持ちから、
心臓マッサージをしますよね。
それでまだともにいれるのならって思ってしまいます。
愛すればこそですもんね。
chocoちゃん、とっても幸せな最後を過ごせましたね。
ひなちゃんにおんぶされているchocoちゃん、可愛かったです。

投稿: すみこ | 2016年12月 1日 (木) 21時10分

chocoちゃんのお話 ありがとうございます
とっても辛いことだったと思うのに
四十九日に合わせてお話してくれて ありがとう
読んでいて 涙が出てきちゃった
最期の選択はいろいろだろうけど
chocoちゃんはとっても幸せだったと思います。
ひなちゃんはじめ パパさんママさんのたくさんの愛情に包まれて旅だったんだから

chocoちゃん カッコよかったよ

投稿: おーぺいこ | 2016年12月 1日 (木) 21時38分

ほんとはね、この記事アップされてすぐに読ませてもらってたんです
でも、コメ入れられなかった。。。
ボクの最後と重なって、思い出したら悲しくなってしまってsweat02
ピンタワはボクの意識が薄れていくとき心臓マッサージなんてのも出来ず、ただオロオロしながら「ボク!ボク!」って呼びながら体をさすっていただけでした
ボクの最後に立ち会ったのはピンタワとモモだけ。。。
ほんとに悲しかったよ
chocoちゃんは幸せだったね
とうしゃん、かあしゃん、ひなちゃんと最後まで一緒に見守ってもらって良かった
心臓マッサージだって、chocoちゃん頑張って何度も戻ってきたね
二人の愛情に応えてくれたんだよね
立派な犬生だったよ
記事を書くのも辛かったと思いますが、お疲れ様でした
ありがとう

投稿: ピンタワちゃん | 2016年12月 2日 (金) 01時37分

不思議だね。。
私は何の気なしに、いつものchocoくんを思い出しながら連絡しただけだったのに。。
心臓マッサージのことだけじゃなく、何に関してもいろんな意見や後悔、あると思うけど、正解はないと思うよ。
だって、chocoくんのことを考えてchocoくんのためにやってあげてることだもん、それが正解じゃなくて何が正解か、なんて分からないよね。。
亡くなる前後のお話は、語るのとてもつらかったと思う。。
気丈にふるまってるように見えても、20年一緒だった大切な子だもの、簡単には受け入れられない。。

投稿: じゃまいここ | 2016年12月 2日 (金) 13時58分

ひなちゃんの背中におんぶして、高い高い~してもらって、コスモスと写真とって、川の字で寝て。
これは、chocoちゃんが、そうして欲しいって思ってたんだね。
マッサージを繰り返すことで、次第に見送る覚悟が生まれたようにも思います。
心にポッカリ空いた隙間は、chocoちゃんと過ごした日々の思い出が、心の中で溢れるほど生き続けてくれることでしょう。
自分が同じ状況になった時、どうなってしまうだろう~と想像も出来ないけれど、しっかり見送ってあげないといけないんだと思うだけで涙がでてしまいます。

投稿: マルタ | 2016年12月 2日 (金) 23時48分

chocoちゃん最後まで元気で頑張ったんですね。
長生きして家族に思い出いっぱいの癒しをくれた事
本当にありがとう、お疲れ様って言いたいです。
コジローと同じMダックスママ友として
ブログのご縁のきっかけにもなったchocoちゃん
安らかにと祈るばかりです
49日早いものですね・・・・
お空から皆にパワーくれてますね!

投稿: さくら | 2016年12月 4日 (日) 11時12分

本当に逝ってしまったんだなあと思い鼻をすすってます。
初めてのお友達、ウィンディにいろんなことを教えてくれたのに、社交性はまねできなかったなあ。
豆まき後の庭を一緒に豆探しとか、本当に思い出します。
ありがとう、chocoちゃん。本当にありがとう。

投稿: Windyママ | 2016年12月 6日 (火) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016 トイフェスタへ | トップページ | リンゴ狩りと贈り物の話 »